問4-22

助成金申請の成功率を高めるための4つのポイント。
①シナジー効果を意識した申請を行う
②ACTIONフレームワーク、ケースステートメント等を通じて明確化している自団体のベストストーリーを申請に盛り込む
③[  ]する発想での助成を考える
④助成担当者を感動させるつもりでコミュニケーションする
[  ]に当てはまるものはどれか。

  • 浪費
  • 投資
  • 消費

正解!正解!

不正解!不正解!

投資

助成金が永遠に続くということは無い。そのため、助成金を事業の資金として「穴を埋める(消費する)」という発想で計画をすると、継続性が難点となる。むしろ、「未来に活かす(投資する)」という発想で、助成金を活かして新規事業モデルの構築をする、助成金を活かして支援者・関係者の輪が広がるような報告会を企画する、知見の集約により将来の知的コンテンツ販売への道筋をつくる等の可能性を検討する。

前の問題へ  次の問題へ