問6-11

正しいものを選択してください。

4種類の助成事業とは別枠として、団体の状況や必要性に応じて申請可能な事業はどれか。

  • モニタリング事業
  • 外部監査
  • 基盤強化支援事業
  • 連携支援事業

正解!正解!

不正解!不正解!

基盤強化支援事業

民間公益活動の底上げと自立化、持続的発展のための基盤強化を目指し、資金分配団体による実行団体への伴奏支援等の助成と支援を実施する。
①プログラム・オフィサーの確保育成・活動費用として年間800万円上限を助成額と別枠で申請可能。(経営支援、研修等の伴奏支援、進捗管理、評価、連携支援等の業務関連活動費)
②社会的インパクト評価等に係る調査関連経費として、資金分配団体および実行団体にそれぞれ助成等の額の5%程度を、助成額と別枠で申請可能。

前の問題へ  次の問題へ